不妊治療基礎知識

体外受精の全体像についてのお話

これまで数回に渡って、体外受精に関わる手技を個々に紹介してきました。
それぞれの方法への理解を深めるとともに、体外受精全体の流れを把握することは非常に重要です。
今回は一例になりますが、IVFおよびICSIにおける手順について解説してまいります。

 

これらの手技は残念ながら現在、統一された手技は存在しません。したがって、各施設では最適な方法を確立して体外受精に取り組んでいます。

 
 

〜体外受精の流れ〜

 

● 月経初日〜排卵まで
注射または内服のホルモン剤で、排卵をコントロールしつつで卵胞を成熟させます。このとき、できるだけ効率的に体外受精を行うために、一度の採卵で多くの良質な卵子を採取できるように育てていきます。

 

複数の卵胞が直径18mm以上になったところで、hCG製剤を注射して排卵を促します。

 
 

● 採卵〜受精確認まで
hCG製剤の注射後、おおよそ36時間後に排卵することになるので、通常は夜に注射をうち、翌々日の朝に採卵することになります。
精子は採卵当日に採取し、濃度調整などを行います。

 

卵子と精子が揃ったところで受精へと進みます。
IVFにおける基本的な方法は、培養液および卵子が入ったディッシュに精子をふりかけてインキュベーターで保存し、受精するのを待つという方法です。

 

このとき、精子の状態が悪いなどの場合においては、顕微鏡下で1個の精子を直接卵子の細胞の中に入れるICSIを選択します。

 

卵細胞の中に、精子由来の雄性前核と卵子由来の雌性前核が融合した時点で受精が完了です。
この受精卵を胚と呼び、細胞分裂を繰り返して成長していきます。

 
 

images-547

 
 

● 受精確認後〜胚移植まで
胚は、受精後2日目に4分割、3日目には8分割まで成長します。
この分割スピードがもっとも適切なスピードといわれています。

 

そして、8分割した良質な胚を子宮に移植することになりますが、胚盤胞まで成長してから移植する場合もあります。

 

● 胚移植後
着床率を高めるために黄体ホルモンを補充し、採卵から14日目に妊娠判定を行います。

 
 

さらに、体外受精における着床率や妊娠率を上げるため、次のような方法を用いて補助することも有効な手段です。

 

<体外受精をサポートする方法>

 

* アシステッド・ハッチング
受精後、細胞分裂を繰り返した胚は、やがて透明帯の殻を抜けて着床します。
しかし、この透明帯は加齢や体外受精に伴う凍結融解などで硬さを増してしまうという性質があります。そのため、この透明帯を切開することで胚の脱出を手助けする方法です。

 

* 二段階移植
採卵後、2回に渡って連続して胚を移植する方法です。
最初は採卵後2日目に初期胚を移植し、子宮内膜の胚受容能を刺激して着床の準備を促します。
そして、採卵後5-6日目に胚盤胞を移植する頃には、最適な子宮の状態で迎えることができ、着床率が高まるというメリットがあります。
この方法は、良好胚を用いたにも関わらず、妊娠に至らない症例などに効果的である一方、双子など多胎妊娠の確率が高まることになります。

 
 

WEBはこちら⇒http://mimuro-cl.com/

 

Facebookはこちら⇒https://www.facebook.com/mimurocl

 
 

関連記事

  1. 不妊治療基礎知識

    AHについてのお話

    受精後の胚は着床の時期に到達すると、卵の殻に相当する透明帯に亀裂ができ…

  2. 不妊治療

    最近のART事情(培養部より)

    近年、世界でのARTへの考え方が変わってきました。数年前までは…

  3. 不妊治療基礎知識

    異常妊娠についての基礎知識(1)

    前回は妊娠の成立についてお伝えしましたが、今回は妊娠時の異常について解…

  4. 不妊治療基礎知識

    再生医療の先駆け〜卵細胞質移植〜

    妊娠を希望するカップルにとって気がかりなのは、人生においてどの時点で妊…

  5. 不妊治療基礎知識

    卵巣と卵子についての基礎知識(1)

    卵巣(らんそう)とは、卵子を出す器官です、一般的な機能として、卵子のも…

  6. 不妊治療基礎知識

    GnRHについての基礎知識(1)

    不妊治療において、卵子の質はその治療成績の鍵を握る重要なポイントになり…

  1. 不妊治療基礎知識

    卵巣と卵子についての基礎知識(5)〜卵胞期のお話
  2. 不妊治療基礎知識

    男性不妊についての基礎知識(3)
  3. 不妊治療

    不育症に対する様々な制度
  4. 不妊治療基礎知識

    胚または配偶子の凍結保存についての基礎知識(1)
  5. 妊娠しやすいからだづくり

    妊娠と葉酸の関係について
PAGE TOP