不妊治療

海外における不妊治療

米国は世界的にみても不妊治療を受ける患者数が多いのですが、その治療現場では日本と異なる部分が多々見受けられます。
今回はほんの一部ですが、実際に海外ではどのような不妊治療が行われているのか、こちらに目を向けていきたいと思っています。

 
 

まず、日本から訪れる患者も多い米国は、一般的に女性の体外受精の治療開始時期は45歳まで、となっているクリニックが殆どです。これは、その年齢を越えると自身の卵子を用いて妊娠出産まで辿り着く確率が、非常に低いためです。
従って、女性側の年齢が45歳を過ぎると、自己卵子での体外受精の門戸はほぼ閉ざされていると言っても過言ではありません。

 

また、年齢が45歳に達していなくとも受精率が極端に低かったり、卵子の質が良くないなど様々な要因によって、他の手段に切り替えを勧められることがあるのです。

 

ここでいう他の手段とは、自分の卵子を使わずに受精させること、すなわち第三者から提供された卵子を用いる方法や、代理出産などが該当します。

 
 

このような基準が存在しているので、日本における不妊治療のように何度も何度も、体外受精が繰り返し行われるケースは少ないのです。

 
海外での不妊治療
 

一方、不妊治療そのものに対する考え方も、日本と異なっている国々がたくさん存在しています。
日本では不妊は病気ではないとの考え方が主流となっていますが、ヨーロッパ諸国のフランスでは不妊は病気の一種だとされています。そのため、女性がある程度の年齢になるまで、不妊治療にかかわる治療費は自身が加入している保険でカバーしてくれるのです。
そのため治療を重ねる度に生じる、高額な負担を強いられることがありません。

 

ただし、米国では国としての保険が存在しないため、注意が必要です。一般的に日本で行う時よりも金額が多くかかるようです。

 
 

考え方の違いは何も治療だけに限ったことではありません。
妊娠出産した後の子育てが、母親だけの仕事として認識されていることはなく、男性も女性もともに子育てに関わっていくという姿勢がみられます。
もちろん不妊治療においても、主に女性のみクリニックへ訪れる日本とは対照的に、カップル同士で訪れて治療を一緒に進めていくのです。

 

このように不妊を病気と捉える考え方は、治療として治していこうという考え方を生み、治療開始時期も自然と早まることになります。
すると結果的に自然と妊娠率の向上に結びつき、高齢になってから何度も治療を繰り返す必要もなくなるのです。

 
 

WEBはこちら⇒http://mimuro-cl.com/

 

Facebookはこちら⇒https://www.facebook.com/mimurocl

 
 

 
 

関連記事

  1. 不妊治療

    二人目不妊についてのお話

    一口に不妊症といっても、カップルの数だけその程度や状況は変わってきます…

  2. 不妊治療

    最近のART事情(培養部より)

    近年、世界でのARTへの考え方が変わってきました。数年前までは…

  3. 不妊治療

    不育症に対する様々な制度

    妊娠が成立するものの、繰り返し自然流産をする場合を特に不育症と呼び、習…

  4. 不妊治療

    不妊治療に係る助成や休暇制度を導入する企業

    不妊治療はゴールが見えず、時に長い道のりを歩むことになります。そのため…

  5. 不妊治療

    内診についてのお話

    内診を苦手とする方は多く、あの独特の雰囲気や内診台も苦手とする要因のひ…

  6. 不妊治療

    IUIおよびIVFを治療の第一選択とする場合、臨床的証拠を必要とすることを示した論文

    経済的な側面、また臨床的な側面から考え現在まで示されている根拠によると…

  1. 不妊治療基礎知識

    卵巣と卵子についての基礎知識(5)〜卵胞期のお話
  2. 検査関係

    卵管に関わる検査についてのお話
  3. 培養室関係

    胚培養士についてのお話
  4. 論文情報

    卵管留水腫や粘膜下筋腫に伴って、着床に重要な因子HOXA-10の発現抑制がみられ…
  5. 不妊治療基礎知識

    卵巣と卵子についての基礎知識(1)
PAGE TOP