妊娠しやすいからだづくり

妊娠中に気をつけるべきトキソプラズマについてのお話

以前、妊娠中の風疹罹患によるリスクについてご紹介しましたが、今回はトキソプラズマについてのお話をさせていただきます。

●トキソプラズマとは?
家畜をはじめとした動物の肉やフン、土の中に住んでいる小さな原虫がトキソプラズマです。これは、決して珍しいものではなく、世界中の各国に生息しています。
トキソプラズマによって引き起こされる感染症は、トキソプラズマ症と呼ばれています。

●妊娠中に感染すると?
健康な成人がトキソプラズマに感染すると、風邪に似たような症状が出ることもありますが無症状のまま終わることもあります。この場合は、もし感染していたとしても、特に問題はありません。

しかし、気をつけなければいけないのが妊娠中の初感染です。妊娠中、いつ頃感染したかにもよりますが、胎児の基礎となる部分がつくられる初期であれば、何かしらの異常をもって生まれてくる割合が高くなります。
気になる障がいの種類や程度は個々によって異なりますが、トキソプラズマは目や脳を好みますので水頭症や目に関わるもの、さらには、発達障害などが多いようです。妊娠初期の感染であれば、出産まで至らずに流産や死産となってしまうこともあります。

これらの症状はあくまで、妊娠中に初感染した場合です。妊娠前にすでに感染していた場合は問題ありませんし、初感染が必ずしも、胎児へ感染することになるとは限りません。
妊婦と子供
●感染を防ぐためには?
トキソプラズマは動物の肉に存在していますので、妊娠中に肉類を食べる際は十分に加熱してから食べるようにしましょう。生ハムやサラミなども避けたいところです。

そのほか、動物のフンにも含まれており、特に猫は体内でトキソプラズマが増殖しやすい環境を有しているので、フンの処理には気をつけなければいけません。従って、妊娠後に猫を飼いだしたり、外と自由に行き来できるような状態にすることはやめましょう。

近年、ガーデニングや畑で植物を育てる方が増えてきています。これらの作業は癒しにもなりますので良い側面もたくさんありますが、トキソプラズマは土の中にもいますので妊娠中は我慢していただいたほうが良いでしょう。

今回は、トキソプラズマについてご紹介しましたが、感染を恐れて必要以上に外部との接触を断つのではなく、危険性を理解した上で感染を防ぐ対策をすることが最も大切なことだといえるでしょう。

WEBはこちら⇒http://mimuro-cl.com/

Facebookはこちら⇒https://www.facebook.com/mimurocl

関連記事

  1. 妊娠しやすいからだづくり

    不妊治療を始める前に知っておきたいB型肝炎のお話

    以前、風疹のリスクについてご紹介しましたが、今回はB型肝炎ウイルスのリ…

  2. 妊娠しやすいからだづくり

    不妊治療を始める前に知っておきたい風疹のお話

    ほんの2、3年前に風疹が流行したことは記憶に新しいところです。メデ…

  3. 妊娠しやすいからだづくり

    子宮にできるポリープについてのお話

    鶏卵ほどの大きさの子宮は、上部2/3を占める子宮体部と、その下に位置し…

  4. 妊娠しやすいからだづくり

    冷えと不妊についてのお話

    女性に多い冷え性は、秋冬の寒いシーズンだけのものではありません。夏に使…

  5. 妊娠しやすいからだづくり

    不妊治療を続けやすい環境作りについてのお話

    不妊治療はゴールが確実に見えていないので不安感が募るものですが、それに…

  6. 妊娠しやすいからだづくり

    体重と不妊の関係性について

    不妊の原因は様々ですが、体重との関係については意外とご存知ない方もいら…

  1. 不妊治療基礎知識

    着床前診断についての基礎知識(2)
  2. 不妊治療基礎知識

    ARTについての基礎知識(10)〜顕微授精についてのお話
  3. 不妊治療基礎知識

    ARTについての基礎知識(8)〜培養時のリスクマネジメントについてのお話
  4. 不妊治療基礎知識

    着床についての基礎知識(1)
  5. 妊娠しやすいからだづくり

    PMSについてのお話
PAGE TOP