みむろウィメンズクリニック
みむろウィメンズクリニック 診療予約
みむろウィメンズクリニック はじめての方へ
みむろウィメンズクリニック クリニック恐怖症の方へ
みむろウィメンズクリニック 診療内容
みむろウィメンズクリニック 診療時間
みむろウィメンズクリニック 院内案内図
みむろウィメンズクリニック 動画サイト
みむろウィメンズクリニック アクセス
みむろウィメンズクリニック スタッフ紹介
みむろウィメンズクリニック スタッフインタビュー
みむろウィメンズクリニック ブログ
みむろウィメンズクリニック イベント&セミナー
みむろウィメンズクリニック 助成金案内
みむろウィメンズクリニック 応援メッセージ
みむろウィメンズクリニック 患者様からのお手紙
みむろウィメンズクリニック 求人情報
みむろウィメンズクリニック お問い合わせ
みむろウィメンズクリニック メディア紹介
Home 月経困難症について
サイト内検索
月経困難症について
月経困難症とは?
月経と同時、またはその前後にみられる下腹痛や腰痛をはじめ不快な症状で、これが病的にひどく、日常生活に支障をきたし治療を必要とするようなものをいう。よって、一般的な生理痛とは区別をしています。

症状の例を挙げると、生理に伴い、「痛みがひどく、横たわっていないと耐えられない」「つらくて学校や会社に行けない」「家事すらも出来ない」などといった症状になります。

また、痛み以外にも吐き気や食欲不振、下痢、頭痛などの症状があらわれることもあります。
よって、月経困難症の女性にとって生理の期間はとてもつらい時期になります。
月経困難症の原因は?
月経困難症は原因の分からない原発性(機能性)月経困難症と原因を特定できる続発性月経困難症に分ける事が出来ます。その頻度は原発性が75%、続発性が25%と言われています。

原発性(機能性)月経困難症では、月経周期のうち卵子が放出される時期にだけ痛みがあります。この痛みは月経中に分泌されるプロスタグランジンが原因と考えられています。

プロスタグランジンは生理活性物質で、子宮を収縮させたり、血流を減少させたり、子宮内の神経を痛みに敏感にさせる作用があります。原発性月経困難症の人ではこのプロスタグランジン値が高くなっています。

続発性月経困難症の原因としてよくみられるのは、子宮内膜症、子宮筋腫、子宮腺筋症、骨盤内うっ血症候群、骨盤内感染症などの疾患です。

子宮頸部が狭くなっている人では、月経血がそこを通ると痛みが生じることもまれにあります。子宮頸部は生まれつき狭いこともあれば、ポリープの切除や、子宮頸部の前癌状態(異形成)または癌の治療によって狭くなることもあります。

卵管の炎症、腹部臓器間の癒着(線維組織の異常結合)など、他の病気による腹部の痛みが月経中に悪化することもあります。
▲ページTOPへ
検査について
様々な検査がありますが、カラダの状況に合わせて婦人科医の判断で選択されることになるかと思います。軽度な場合は薬を投与して様子を見る事が多く、こうした治療で効果が得られない場合には、検査を行って痛みの原因を特定します。
検査としては、内診、直腸診、CT(超音波断層法)などにより器質的疾患の有無を調べることから始めます。

子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮筋腫、子宮の奇形の診断にはMR!が有用です。

また、子宮内膜症、子宮腺筋症が疑われる場合は、補助診断として血液中のCA125(腫瘍マーカーのひとつ)を測定することもあります。

子宮筋腫などの原因を特定するため、へその下を小さく切開し、腹腔鏡を挿入して腹腔の中を調べることがあります。

また、腟から子宮に挿入する子宮鏡で子宮の内部を調べることもあります。このほか、子宮頸管拡張と子宮内掻爬、子宮卵管造影などの検査方法もあります。
▲ページTOPへ
治療について
薬物療法がメインになります。

原発性(機能性)の場合はプロスタグランジンが影響しているので非ステロイド性の鎮痛剤がよく効きます。ロキソニンやボルタレンといった薬剤です。

最近では2008年に新薬で認められたピル(ルナベル)も良く使われるようになりました。ルナベルは子宮内膜症に伴う月経困難症」の適応を有しています。

その他にも漢方薬や代替療法として鍼灸を活用するケースもあります。ストレスが原因の
月経困難症には有効なようです。
月経困難症がほかの病気によって起きている場合は、可能であればその病気を治療します。子宮頸部が狭くなっている場合は手術で広げることもできますが、多くの場合その効果は一時的です。必要であれば、子宮筋腫や子宮内膜症による異常な子宮内膜組織を手術で除去します。
▲ページTOPへ
生活上の工夫は?
月経困難症はストレスが原因でなることがよくあるので、ストレス対策は症状緩和に効果的だと言われます。特に症状が出やすい時期の前から出来るだけストレスをためないように自分自身をコントロールする事が出来るといいですね。

私の友人も月経困難症ですが、症状が出る前にスーパー銭湯に行ったり、マッサージに行くそうです。そうすることによってかなり症状が和らぐと話しておりました。

それから運動は症状緩和に役立つようです。月経痛は骨盤内の血液循環が悪くなって、うっ血しているために起こるケースも多くあるからです。適度な運動は全身の血行をよくしてうっ血を解消し、痛みを軽減する効果もあります。もちろん、ストレス解消にもいいですね。

それから食事面では鉄分を意識した食生活は大事かと思います。鉄分はカラダの中で重要な役割を果たしています。月経困難症の方はどうしても不足になりがちなので意識的に摂取したいものです。
▲ページTOPへ
トップページに戻る>
みむろウィメンズクリニック] 〒194-0013 東京都町田市原町田1-7-17 ガレリア町田ビル3F TEL 042-710-3609 お問い合わせ
Copyright © 2010 MIMURO Women's Clinic. All Rights Reserved.