不妊治療基礎知識

ARTの適応条件についてのお話

現在、不妊症に悩むカップルは5組に1組とされ、年々増加しています。
それに伴ってARTによる出生も増えており、いまや約50人に1人が体外受精(IVF)または顕微受精(ICSI)で出生していると言われています。

 

IVFやICSIの適応となる疾患は当初、限られたものでした。
しかし、技術の発展により妊娠率の向上および適応の拡大が進み、以前よりも多くの不妊症に悩む人々を救っています。

 

ARTはいつどのような時でも着手できるわけではなく、実施には事前準備のみならず適応条件もあります。
今回はIVFとICSIそれぞれについて、実施できる条件について解説してまいります。

 

 

<体外受精(IVF)>

 

適応となる疾患
・卵管が閉塞している又は、子宮外妊娠などの理由により卵管を切除した場合
・精子の運動率が悪い又は数が少ない場合
・重度の子宮内膜症の場合
・排卵誘発剤などを用いた治療を行っても進展が見られない場合
・一般の不妊治療を行っても進展がみられない場合

 

そのほか、40歳を超えると卵子の数や質が低下し、IVFの成功を左右することになるため、年齢を勘案して妊娠を急ぐ場合にも実施されます。
IVFには医療費の増加や卵巣過剰刺激症候群などのリスクを伴うので、上記に示した場合以外は一般的な不妊治療を優先して行うべきです。

 

また、実施する場合においても十分な事前検査を行い、不妊因子があれば予め治療しておくことが成功への鍵となります。
images-413
<ICSI>
適応となる疾患
・精液の中から運動率の良い精子を集めても、運動精子濃度が20万/ml以下となる重症乏精子症の場合
・精子の運動率が低い精子無力症の場合
・精子奇形率が95%以上の場合
・体外受精を実施しても受精障害を繰り返す場合
・精子に限りがある凍結精子を用いる場合
重要な点は、IVFでは妊娠の可能性が低い事例を対象としていることです。
また、ICSIは精子側に不妊事由がある際に行うことが特徴ですので、卵子側に問題があった場合は受精率に改善はみられません。
従って、精液所見が良好だった場合はIVFとICSIどちらを行っても受精率と妊娠率に差はないとされています。

 

ICSIにおいても一般不妊治療検査はもちろんのこと、精液検査や精子奇形率検査など詳細な事前検査は必要不可欠です。
いずれの方法にしても、有効性と安全性を十分に評価して行うことが前提であり、実施に際しては被実施者が婚姻していること及び遺伝子操作を行わないことも条件となっています。

WEBはこちら⇒http://mimuro-cl.com/

 

Facebookはこちら⇒https://www.facebook.com/mimurocl

 

 

 

関連記事

  1. 不妊治療基礎知識

    ARTについての基礎知識(9)〜様々なリスクマネジメントについてのお話のつづき

    前回は主に培養室でのリスクマネジメントについて解説してまいりました。…

  2. 不妊治療基礎知識

    男性不妊についての基礎知識(3)

    今回は、ART実施のために採取された精子の精製法について解説してまいり…

  3. 不妊治療基礎知識

    遺伝子発現に深く関わるエピジェネティクスとは?

    わたしたち人類に限らず、妊娠出産という過程を経ることで古代から現在まで…

  4. 不妊治療基礎知識

    卵巣と卵子についての基礎知識(6)〜排卵から黄体期まで

    前回は、卵巣の周期的変化のうち排卵直前までご説明しましたが今回…

  5. 不妊治療基礎知識

    卵巣刺激についての基礎知識(1)

    今回は、ARTには欠かせない卵巣刺激について、詳しく解説してまいります…

  6. 不妊治療基礎知識

    ARTと多胎の関係について

    これまで不妊治療をめぐる各種技術やその背景などを、様々な角度からご紹介…

  1. 論文情報

    日本における単一胚移植の導入が、周産期における臨床結果の改善をもたらすか否かとい…
  2. 培養室関係

    胚培養士についてのお話
  3. 不妊治療基礎知識

    卵巣刺激についての基礎知識(2)
  4. 不妊治療基礎知識

    胚クオリティーの評価についてのお話
  5. 不妊治療

    不妊治療向け保険の解禁についてのお話
PAGE TOP