不妊治療基礎知識

ARTについての基礎知識(12)〜精子の受精能についてのお話

前回は顕微授精についての歴史をご紹介いたしましたが、実際に顕微授精を行う際には様々な外的刺激を加える事になりますので、精子の受精能やその安定性については非常に興味深いところかと思います。

 

今回はそちらの部分について、解説してまいります。

まず、精子核タンパク自体の特徴を次に記載いたします。

<精子核タンパク・受精能の特徴>

・  父方の遺伝情報を子孫に伝える

・  他の細胞と比べて死滅しにくい

・  精子頭部は、細胞質が削ぎ落とされ「核/細胞質比」が極めて大きい

・  DNAを保護する核タンパクは、体細胞のヒストンに代わり

プロタミンに置換されている

◆  プロタミン

単純タンパク質に属する強塩基性タンパク質のことを指します。

ヒトのプロタミンにはシステイン、アルギニンなどのアミノ酸が多く、チオール基(-SH基)によるジスルフィド結合(SS結合)により、熱や酸・アルカリなどにも安定的な状態を保つことができています。

images-135

精子が他の細胞と比較して安定的な受精能を持ち合せていることは先に述べさせていただきました。
では、精子がどの発生段階で受精能を獲得するのでしょうか。

この疑問については、マウスを持ちいて未熟な精子をICSIにて顕微注入をした研究がなされています。

この実験においては、精子細胞、第二精母細胞、第一精母細胞のそれぞれにおいて個体発生能が確認されました。

しかしながら、とりわけ第一精母細胞は精細胞の中で最も大型であるため、受精の進行には第一精母細胞核を2回減数分裂させる必要があり、工夫が必要であることも示唆されております。

さらに、先に述べた精細胞を顕微注入する際には、未熟であるがために下記の部分に注意する必要もあります。

◆  円形精子細胞より前の段階の核タンパクはヒストンであるため、SS結合が少なく強固な結合ではないため、様々な影響を受けやすい

◆  細胞膜を破壊した上で生殖細胞核のみ注入した場合は、中心小体への影響が考えられる

WEBはこちら⇒http://mimuro-cl.com/

 

Facebookはこちら⇒https://www.facebook.com/mimurocl

関連記事

  1. 不妊治療基礎知識

    卵巣と卵子についての基礎知識(5)〜卵胞期のお話

    前回は卵巣から分泌されるホルモンについて解説をしましたが、今回はそれら…

  2. 不妊治療基礎知識

    卵巣刺激についての基礎知識(3)

    前回は、卵巣刺激法の中でもGnRHアゴニスト法についてお話ししましたが…

  3. 不妊治療基礎知識

    精巣と精子についての基礎知識(3)〜精子や精液のお話

    前回は精子の形成についてお伝えしましたが、今回は精子や精液の特徴につい…

  4. 不妊治療基礎知識

    着床についての基礎知識(1)

    妊娠が成立するまでには、排卵後に精子と卵子が出会って受精し、その受精卵…

  5. 不妊治療基礎知識

    ARTについての基礎知識(1)〜受精成立についてのお話

    今回から数回にわたってARTについて、解説してまいります。&n…

  1. 不妊治療基礎知識

    着床前診断についての基礎知識(2)
  2. 妊娠しやすいからだづくり

    体重と不妊の関係性について
  3. 不妊治療基礎知識

    異常妊娠についての基礎知識(2)
  4. 不妊治療基礎知識

    ARTについての基礎知識(6)〜胚培養時の環境についてのお話
  5. 不妊治療基礎知識

    ARTについての基礎知識(8)〜培養時のリスクマネジメントについてのお話
PAGE TOP