不妊治療基礎知識

ARTについての基礎知識(9)〜様々なリスクマネジメントについてのお話のつづき

前回は主に培養室でのリスクマネジメントについて解説してまいりました。

その工程はダブルチェックするなど複数でのチェック体制をとることが望ましいのですが、そのために各種の事故や外部の暴露を受けるという事態は避けなければなりません。

 

下記に培養時、さらに留意する点を項目別にお伝えします。

 

 

〜培養に関するリスクマネジメント〜

 

*培養液について

培養液を用いて胚を育成する際には様々なデータを記録し、その発育成績が悪い培養液については使用を中止し、新しいものへと替えることが望ましい。

また、卵子が多数採取できた症例については、2種類の培養液を用いてスプリット培養を行うことも考慮に入れます。

このメリットとして、胚には培養液との相性があるためスプリット培養を行い成績の良かった培養液を次回、採取する機会があった場合には用います。

しかしながら、デメリットとして通常より管理が大変であり、コストもかかることが挙げられます。

 

*培養ディッシュについて

患者の中には同姓同名の方もいるので、氏名と併せて生年月日の記入のみならず、培養ディッシュ自体の色も変えて識別し、取り違えを未然に防ぐことも必要です。

また、1人の培養について1人の培養士が責任を持って関わる体制もリスクを防ぐ要因になるのではないでしょうか。

 

 

〜インキュベーターに関するリスクマネジメント〜

 

インキュベーターは取り違えを防ぐため、1人に対して1台ずつ管理することが重要です。

また、災害により胚の環境に変化が起こることを防ぐ為に、非常用バックアップ電源などを用意しておくなどの対応をすることが望ましいとされまています。

加えて、夜間休日等における異常発生時にも対応出来るようにしておきましょう。

 

 

images-126

 

〜その他のリスクマネジメント〜

 

*感染や針刺し事故について

医療行為を行う際に、 針刺し事故や感染などの可能性を完全に払拭する事は難しいのですが、下記のような対策を予め取っておくことが重要です。

 

●医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、培養士などから構成される院内感染委員会の設置

●事故が発生した際の報告手順の整備

●事故を未然に防ぐ為の研修会等の実施

●針刺し事故や感染防止についてのマニュアルの作成及び周知

 

また、JISTART実施規定においては、常にHIV等の体液kらの感染を想定した上で処置を行うことが必要だとされています。

 

*個人情報について

個人情報については、夫婦間においても非常にデリケートな扱いが必要となります。情報の開示については充分留意するとともに、下記の点についても注意することが重要です。

 

●データは内部のみのネットワークで構築されたパソコンで管理し、インターネットには接続しない。

●パソコンから離れる際には、閲覧される可能性を考慮してパスワードなどを設定しておく。

●データを自宅など外部へ持ち出さない。

●保管場所には施錠する。

●関わる医療関係者には、秘密保持に関わる誓約書を提出してもらう。

 

WEBはこちらhttps://mimuro-cl.com/

Facebookはこちらhttps://www.facebook.com/mimurocl

関連記事

  1. 不妊治療基礎知識

    AHについてのお話

    受精後の胚は着床の時期に到達すると、卵の殻に相当する透明帯に亀裂ができ…

  2. 不妊治療基礎知識

    ARTについての基礎知識(11)〜顕微授精の歴史についてのお話

    今回は少し視点を変えて、顕微授精の歴史について解説してまいります。…

  3. 不妊治療基礎知識

    ARTと多胎の関係について

    これまで不妊治療をめぐる各種技術やその背景などを、様々な角度からご紹介…

  4. 不妊治療

    最近のART事情(培養部より)

    近年、世界でのARTへの考え方が変わってきました。数年前までは、タ…

  5. 不妊治療基礎知識

    着床についての基礎知識(3)

    今回は、着床の過程についてもう少し詳しく解説してまいります。&nb…

  6. 不妊治療基礎知識

    卵巣と卵子についての基礎知識(6)〜排卵から黄体期まで

    前回は、卵巣の周期的変化のうち排卵直前までご説明しましたが今回は排…

  1. 不妊治療基礎知識

    遺伝子発現に深く関わるエピジェネティクスとは?
  2. 男性不妊

    精索静脈瘤についてのお話
  3. 不妊治療基礎知識

    卵巣刺激についての基礎知識(3)
  4. 不妊治療基礎知識

    IVMについてのお話
  5. 不妊治療基礎知識

    ARTについての基礎知識(6)〜胚培養時の環境についてのお話
PAGE TOP