培養室関係

胚培養士についてのお話

今回は、一般の方にはあまり知られていないけれども不妊治療には欠かせない存在である胚培養士についてご紹介していこうと思います。

 

最近では、胚培養士が直接、患者さんと接する機会を設けているクリニックも増えてきていますが、まだまだ社会的認知度は低いのが実情です。
一体、どのような仕事をしているのでしょうか。

 
 

●胚培養士の仕事とは?
卵子や精子、胚を取り扱う専門家として、体外受精や顕微授精を行うことはもちろんのこと、そのために必要不可欠な部分も担っています。
具体的には、胚や精子の凍結保存や培養も胚培養士の大切な仕事です。

 

いくら卵子や精子の状態が良くても、その後の培養室の環境や培養液に問題があれば、順調に発育していくことは困難です。そのため、培養室内をクリーンに保ち、本来であれば体内で育つべき胚にストレスがかからないよう、pHや湿度等に十分注意していくことも重要です。

 

そのほか、TESE(精巣精子採取術)やMD-TESE(顕微鏡下精巣精子採取術)の際に採取された精巣組織や精細管から数少ない精子を探したり、採取された精子の状態を確認したり、精子洗浄や調整についても中心となって行っています。

 
顕微
 

●胚培養士になるためには?
いくつか胚培養士を養成する大学や専門学校が存在していますが、設立されたのは最近であり、これらを卒業して胚培養士になられた方はまだそれほど多くはありません。

 

では、一体どのような方がされているのかというと、主に大学で畜産学やバイオサイエンスについて学んだ方々が就職先の一つとして選択されるという場合や、臨床検査技師の資格を持っている方が目指すケースがほとんどです。

 

患者さんからお預かりした大切な精子や卵子、胚を取り扱いますので、簡単にできる仕事ではありません。そのため、一人前になるためには数年かかりますし、そこから先も常に勉強し続ける必要があると言えます。

 

胚培養士には2つの学会が認定する資格が存在していますが仕事を行う上で必須ではありません。そのため、さらなるステップアップのため、また培養室内において責任ある立場になるために取得される場合が多いようです。

 
 

胚培養士は直接、生命に携わっていますし、本当に素晴らしく貢献度が高い仕事をされています。
ぜひ、不妊治療でクリニックに行かれる場合は、どのような方が自身の卵子や胚を取り扱っているのか興味を持ってみてくださいね。

また、下記のサイトでは当院の胚培養士インタビューも掲載されていますので、良ければご一読ください。

 

インタビューはこちら↓
みむろウィメンズクリニック 川島培養室長インタビュー

 
 

WEBはこちら⇒http://mimuro-cl.com/

 

Facebookはこちら⇒https://www.facebook.com/mimurocl

関連記事

  1. 不妊治療基礎知識

    AHについてのお話

    受精後の胚は着床の時期に到達すると、卵の殻に相当する透明帯に亀裂ができ…

  2. 不妊治療基礎知識

    培養液についてのお話

    これまで体外受精に不可欠な、精子および卵子の採取法についてお話ししてま…

  1. 妊娠しやすいからだづくり

    人に聞きにくい月経のあれこれ
  2. 不妊治療基礎知識

    胚クオリティーの評価についてのお話
  3. 不妊治療基礎知識

    ARTについての基礎知識(2)〜精子の受精能についてのお話
  4. 不妊治療基礎知識

    男性不妊についての基礎知識(5)
  5. 不妊治療基礎知識

    着床についての基礎知識(1)
PAGE TOP