妊娠しやすいからだづくり

女性性機能障害(FSD)についてのお話

体外受精や顕微授精は別として、自然妊娠を望むのであれば性交を行うことは大前提になります。しかし、男性であればEDに代表されるように性交自体が成り立たないこともあり、もちろんそういった場合は不妊を招く要因になってしまいます。

性交における機能障害といえば男性というイメージが強いのですが、実は女性にも起こり得ることです。このような状態を女性性機能障害(FSD)と呼び、立派な疾患のひとつなのです。

 

<FSDの4つの分類について>

*性興奮障害

男性であれば性的興奮によって勃起するように、女性であれば膣が濡れてくることはよく知られています。しかし、性的興奮を感じないため膣が濡れず、性交時に痛みが発生してしまう状態です。
興奮や快感もないので小陰唇の充血なども伴わず、オーガニズムも起こりません。

*性嫌悪症

性欲がありマスターベーションはできても、性交は嫌という状態です。
意外かもしれませんが、仲が良いカップルに多く見受けられます。

 

*性交痛障害

性交痛障害には膣痙と性交疼痛症があり、前者は膣が収縮することでペニスが挿入できない状態を指し、後者は膣痙ではないけれども強い痛みを感じてペニスだけではなく指の挿入も難しい状態です。

 

*オーガニズム障害

これまでオーガニズムを感じたことがない、またはマスターベーションでは感じられてもセックスでは感じられないという状態です。

 

これらは心理的要因のほか、女性ホルモンの低下や薬の副作用といった身体的要因が背景にあることも少なくありません。
非常にデリケートな部分を含んでいますし、疾患として認識していない方も多いので医療機関を受診するという発想自体ないかもしれません。
しかし、心理的要因であればカウンセリング、身体的なものが原因であればそれを取り除く治療を行うこともできますので、夫婦間でよく話し合った上で専門の医療期間を受診することが解決への第一歩になります。

 

WEBはこちら⇒http://mimuro-cl.com/

Facebookはこちら⇒https://www.facebook.com/mimurocl

 

関連記事

  1. 妊娠しやすいからだづくり

    潜在性プロラクチン血症についてのお話

    脳の下垂体から分泌されるホルモンのひとつ、プロラクチンは産後の授乳期に…

  2. 妊娠しやすいからだづくり

    不妊治療を始める前に知っておきたいB型肝炎のお話

    以前、風疹のリスクについてご紹介しましたが、今回はB型肝炎ウイルスのリ…

  3. 妊娠しやすいからだづくり

    子宮奇形についてのお話

    以前、こちらのブログで不育症を取り上げた際、その原因のひとつとして子宮…

  4. 妊娠しやすいからだづくり

    不妊治療を続けやすい環境作りについてのお話

    不妊治療はゴールが確実に見えていないので不安感が募るものですが、それに…

  5. 妊娠しやすいからだづくり

    PMSについてのお話

    月経が近づくにつれ多くの女性は、普段とは異なる気持ちや体の変化を感じま…

  6. 妊娠しやすいからだづくり

    ピックアップ障害についてのお話

    普段の生活の中で自然妊娠しようと思うのであれば、排卵して卵子が精子と出…

  1. 染色体・DNA・RNA

    ゲノムインプリンティングの意義とは?
  2. 妊娠しやすいからだづくり

    妊娠中に気をつけるべきトキソプラズマについてのお話
  3. 不妊治療基礎知識

    ARTについての基礎知識(11)〜顕微授精の歴史についてのお話
  4. 培養室関係

    胚培養士についてのお話
  5. 不妊治療基礎知識

    ARTについての基礎知識(6)〜胚培養時の環境についてのお話
PAGE TOP