染色体・DNA・RNA

ゲノムインプリンティングの意義とは?

ゲノムインプリンティングは単為発生では起こり得ず、父親母親由来どちらの遺伝子も取り込んだ上で一方が発現するという過程を辿ります。これは視点を変えていうと、哺乳類において単為発生を防いでいるとも言えます。

 

これは通常、両親からそれぞれの染色体を引き継いで対をなしているのに対して、片親由来の染色体を2本受け継いだために身体に異常が認められてダイソミーとなってしまうことからも明らかです。
このダイソミーも、インプリンティング遺伝子が異常発現してしまったことに起因すると言われています。

 
 

ここで、なぜこのようなシステムが構築されたのか、有力な仮説をご紹介します。
冒頭にお話しした単為発生防止もそのうちのひとつなのですが、他にも提唱されている説があります。
それは、コンフリクト仮説です。

 

お腹の中で胎児をある一定期間育ててから出産する、という過程をたどる動物においては、雌と雄の思惑が働きます。
父親由来のインプリント遺伝子は、胎児が大きく育つように成長を促します。
一方、自身の体内で胎児を育む母親由来のインプリント遺伝子は、出来るだけ小さく産んで体への負担を軽減させるよう働きかけます。
この小さく産んで大きく育てるという概念の元では、出産回数を増やすことができるのが母親側のメリットです。

 

つまりは、成長促進と抑制の両側の力が働いていることになるのです。

 
意義
 

このような違いはインプリンティング遺伝子に共通していて、各種ホルモンや酵素、成長因子等も含めて細胞や個体が大きく成長する方向に向かわせるものが父親由来、反対にその増殖や成長を抑えようとする力が働いているのが母親由来の遺伝子による仕業ということを暗に示唆しています。

 
 

この他、インプリンティング遺伝子は胎盤をもつ哺乳類特有の現象であり、発現部位も胎盤に集まっていることから、胎盤形成などに何らかの影響を与えているのではないかという胎盤仮説もあります。

 
 

さらには、インプリンティング遺伝子自体は外来ウイルス遺伝子による副産物であり、それ自体に意味をなさないという説も存在しています。

 
 

ヒトゲノムの解析はほぼ終了しましたが、それはまだ序章にすぎません。
ゲノムインプリンティングについても、これからさらなる研究が進むことになるでしょう。

 
 

WEBはこちら⇒http://mimuro-cl.com/

 

Facebookはこちら⇒https://www.facebook.com/mimurocl

 
 

関連記事

  1. 不妊治療基礎知識

    遺伝子発現に深く関わるエピジェネティクスとは?

    わたしたち人類に限らず、妊娠出産という過程を経ることで古代から現在まで…

  2. 染色体・DNA・RNA

    ゲノムインプリンティング異常症とは?

    エピジェネティクスは様々な因子の影響を受け、環境による影響も多大に受け…

  1. 不妊治療基礎知識

    卵巣と卵子についての基礎知識(1)
  2. 不妊治療基礎知識

    男性不妊についての基礎知識(5)
  3. 薬剤情報

    クロミッドについてのお話
  4. 不妊治療基礎知識

    ARTと多胎の関係について
  5. 不妊治療基礎知識

    着床についての基礎知識(3)
PAGE TOP