妊娠しやすいからだづくり

不妊治療を始める前に知っておきたいB型肝炎のお話

以前、風疹のリスクについてご紹介しましたが、今回はB型肝炎ウイルスのリスクついてお話ししていきたいと思います。

 

風疹のリスクについてはこちらをご覧ください。
不妊治療を始める前に知っておきたい風疹のお話

 

●B型肝炎とは?
B型肝炎とは、HBVと呼ばれるB型肝炎ウイルスが肝臓に感染して炎症を引き起こす病気です。
感染力が高く、感染してしまうと一過性の急性肝炎または慢性肝炎となり、慢性肝炎の場合は将来的に肝臓ガンや肝硬変などになってしまう可能性もあります。

 

●症状は?
急性肝炎の場合は感染後、数ヶ月の潜伏期間を経て、だるさや食欲不振、黄疸などの症状がみられますが、約半数以上は症状が出ないままウイルスが排除されるので、感染に気付かないまま過ごしていることもあります。

 

慢性肝炎については、徐々に肝臓の細胞が破壊されていくので症状がないことが多く、自覚症状がないまま肝硬変などの病気になっていることもあります。

肝臓

●感染源は?
傷や出血がある状態での性行為は感染する可能性がありますが、現在、国内で感染してる場合はほとんどが母子感染です。
出産時に、産道を通る際に接触する血液や、産後の口移しなどの行為により感染することがわかっています。

 

●感染を防ぐには?
現在は、妊娠初期の8週目頃に行われる血液検査によって、HBs抗原の有無を確認し、感染を知ることができます。
ここで陽性となれば、母子感染する可能性があります。
そのため、出産後すぐの赤ちゃんに免疫グロブリンをうつなどの対策を講じることで、赤ちゃんへの感染を防ぐことができます。

 

日本はB型肝炎に感染している人の割合が低いとはいっても、ゼロではありません。症状も出ない場合がありますので、実際に妊娠して検査を受けてみるまで、自分自身がB型肝炎に感染しているとは気付かないケースもあります。

 

そのため、妊娠時の検査は母親にとっても赤ちゃんにとっても大切な物ですし、必須の項目だといえます。

 

WEBはこちら⇒http://mimuro-cl.com/

 

Facebookはこちら⇒https://www.facebook.com/mimurocl

 

関連記事

  1. 妊娠しやすいからだづくり

    基礎体温のお話〜月経周期の正しい認識

    妊娠を意識したとき、みなさんは何か準備を始めたでしょうか?今は…

  2. 妊娠しやすいからだづくり

    子宮奇形についてのお話

    以前、こちらのブログで不育症を取り上げた際、その原因のひとつとして子宮…

  3. 妊娠しやすいからだづくり

    冷えと不妊についてのお話

    女性に多い冷え性は、秋冬の寒いシーズンだけのものではありません。夏に使…

  4. 妊娠しやすいからだづくり

    おりものについてのお話

    性に関わることは相談しにくく、誰かと比べる機会も少ないものです。最近で…

  5. 妊娠しやすいからだづくり

    女性性機能障害(FSD)についてのお話

    体外受精や顕微授精は別として、自然妊娠を望むのであれば性交を行うことは…

  6. 妊娠しやすいからだづくり

    人に聞きにくい月経のあれこれ

    ひと昔前と比較して現代女性の初経は早くなっており、その年齢は12歳ごろ…

  1. 不妊治療基礎知識

    セックスレスについてのお話
  2. 不妊治療基礎知識

    胚または配偶子移植についての基礎知識(2)
  3. 不妊治療基礎知識

    採卵についてのお話
  4. 妊娠しやすいからだづくり

    冷えと不妊についてのお話
  5. 不妊治療基礎知識

    卵巣と卵子についての基礎知識(1)
PAGE TOP