不妊治療基礎知識

着床についての基礎知識(1)

妊娠が成立するまでには、排卵後に精子と卵子が出会って受精し、その受精卵が胚分割を経て着床するまでの過程が必要となります。

 

今回は、そのうち着床に焦点をあててご紹介してまいります。

 

 

排卵後に受精した胚は、個人差がありながらも成長をしながら胚盤胞になり、その後、子宮内での浮遊期間を設けます。

一方、子宮は胚を迎える準備をするわけですが、いざ着床を迎えるときには“Implntation Window(着床の窓)”が開いていなければなりません。

 

 

 

*  Implntation Window(着床の窓)

子宮内膜はいつでも胚を受け入れるわけではなく、受容する最適な期間が決まっています。

いくら質のよい胚であっても、Implntation Windowが閉まっている場合は着床できません。

不妊治療における体外受精では、このImplntation Windowの時期を見極めることが成功へと導く重要な鍵になります。

 

images-210

 

<着床までの流れ>

 

1.受精した胚は、卵管の中で細胞分裂を繰り返しながら子宮へと運ばれていきます。

 

2.胚分割は受精後5日目まで行われて胚盤胞となった後、子宮内腔を浮遊します。

 

3.胚が浮遊している間、子宮内膜はホルモンの働きで厚みを増し、最適な状態へと整えられると同時に、子宮内膜と胚が各種ホルモンを通じてクロス・トーク(対話)をして着床のベストタイミングを見極めます。

 

4.胚が子宮内膜に埋没して着床が完了するのは、排卵後12-13日後になります。

 

 

着床ができる期間は決まっており、自然妊娠の場合は3-4日と言われています。

しかし、不妊症の方はこの期間が短い傾向が見られ、年齢を重ねるほどさらに短くなっていきます。

 

 

ヒトの染色体は変異が起きやすく、異常が生じる頻度は精子で2%程度、卵子で20%、着床前の胚で20%ほどだと言われています。

また、仮に正常胚であっても、Implatation Windowが開く時期に着床しなければ妊娠は成立しませんので、まさに妊娠成立は奇跡の連続だと言えるのではないでしょうか。

 

WEBはこちらhttps://mimuro-cl.com/

Facebookはこちらhttps://www.facebook.com/mimurocl

関連記事

  1. 不妊治療基礎知識

    ARTについての基礎知識(3)〜卵子の数と排卵についてのお話

    前回までは、精子の立場から受精するまでをお伝えしましたが、今回は卵子の…

  2. 不妊治療基礎知識

    妊娠成立についての基礎知識

    前回までは、精巣と精子についてお伝えしましたが、今回は妊娠の成立につい…

  3. 不妊治療

    最近のART事情(培養部より)

    近年、世界でのARTへの考え方が変わってきました。数年前までは、タ…

  4. 不妊治療基礎知識

    異常妊娠についての基礎知識(1)

    前回は妊娠の成立についてお伝えしましたが、今回は妊娠時の異常について解…

  5. 不妊治療基礎知識

    卵巣と卵子についての基礎知識(5)〜卵胞期のお話

    前回は卵巣から分泌されるホルモンについて解説をしましたが、今回はそれら…

  6. 不妊治療基礎知識

    ARTについての基礎知識(8)〜培養時のリスクマネジメントについてのお話

    これまで、ARTを行う際の注意点を述べさせていただきましたが、今回はそ…

  1. 論文情報

    正倍数性の胚盤胞を移植してもなぜ妊娠継続に至らないのか、複雑な因子の関わりについ…
  2. 不妊治療

    不妊治療に係る助成や休暇制度を導入する企業
  3. 妊娠しやすいからだづくり

    妊娠と葉酸の関係について
  4. 不妊治療

    不妊治療中の心理ケアについてのお話
  5. 妊娠しやすいからだづくり

    子宮にできるポリープについてのお話
PAGE TOP