不妊治療基礎知識

胚または配偶子移植についての基礎知識(2)

前回は子宮頸管からカテーテルを挿入し、子宮腔内に胚を移植する経頸管的移植についてお話ししました。しかし中には、子宮頸管から移植することが難しい場合など、経頸管的移植が困難な症例も存在します。
そのような場合には、子宮内膜に胚を移植する“経子宮筋層移植”を行うことがあります。

 

この経子宮筋層移植とは経頸管的移植と同じく、事前に膣内を洗浄してから施行する点は変わりませんが、名前が表しているように子宮筋層を介して胚を移植する手法です。

 

施術方法はまず、ガイドとなる穿刺針を子宮へ刺して子宮筋層を通り越し、子宮内膜まで到達させます。
そして、胚移植用のカテーテルを針の中へ挿入し、先端から1-2ミリほど出すようにします。
最後に、胚を注入して移植が完了です。

 

経頸管的移植をすることができない症例に対しては有効な手法ですが、比較して妊娠率が飛躍的に向上するわけではないため、実際に行われる症例は少ないようです。

 
 
baby
 
 

その他、卵管に胚を移植する卵管内移植が選択される場合もあります。
卵管内移植には、次の2種類が存在します。

 

●配偶子卵管内移植(gamete intrafallopian transfer:GIFT)
卵子および精子をともに卵管内へ移植する方法。
精子が卵管内をうまく移動できない場合や、卵子の排出に問題がある場合に有効な手法です。

 

●接合子卵管内移植(zygote intrafallopian transfer:ZIFT)
媒精して受精させた後、1日経ってから移植する方法。
GIFTのように卵管内で受精させることが困難な症例に対して行われます。

 

通常の妊娠過程では、卵子と精子が卵管内で出会って受精することを鑑みれば、ZIFTよりもGIFTがより自然な形に沿う、生理的な方法だといえます。

 

GIFTおよびZIFTを行う際には、次のような点に配慮して行います。

 

・少なくともいずれかの卵管内は癒着がなく、通じていることを確認します。
そのために、子宮卵管造影と腹腔鏡検査は必須であり、仮に癒着が見られた場合は予め剥離しておく必要があります。

 

・採卵のために行われる卵巣刺激は、マイルドな方法を選択します。
なぜならば、卵巣刺激によりOHSSになってしまうと、腹腔鏡下での操作に困難が生じ、卵管内移植に支障をきたすことがあるからです。

 

これらの施術をする際には入院が前提であり、腰椎麻酔または全身麻酔管理をしながら腹腔経下で行われることが特徴です。
しかし近年、ETは日帰りで実施されることが多く、それらの方法と比較すると敬遠されがちな手法ではあります。

 

また、GIFTは卵子と精子の状態で移植するので、実際に受精が成立したかどうか確認することができません。
無事に受精したとしてもその後、順調な発育過程を目にすることも困難です。
このような不安を払拭するために、複数個移植することも多く、場合によっては多胎妊娠を招くことになりかねないのです。

 

以上のような点から、GIFTとZIFTについては年々、施行件数は減少の一途を辿っています。
侵襲性も高く、多くの制限が伴うことを考慮すれば、さらに減っていく手法なのかもしれません。

 

WEBはこちらhttps://mimuro-cl.com/

Facebookはこちらhttps://www.facebook.com/mimurocl

関連記事

  1. 不妊治療基礎知識

    胚または配偶子移植についての基礎知識(1)

    ARTにおいて胚移植(ET)とは、妊娠を左右する重要な位置を占めます。…

  2. 不妊治療基礎知識

    異常妊娠についての基礎知識(1)

    前回は妊娠の成立についてお伝えしましたが、今回は妊娠時の異常について解…

  3. 不妊治療基礎知識

    ARTについての基礎知識(6)〜胚培養時の環境についてのお話

    今回も引き続き、胚を培養する際の環境について解説してまいります。&…

  4. 不妊治療基礎知識

    妊娠成立についての基礎知識

    前回までは、精巣と精子についてお伝えしましたが、今回は妊娠の成立につい…

  5. 不妊治療基礎知識

    着床についての基礎知識(2)

    今回も前回に引き続き、着床に焦点を当てて解説してまいります。&nb…

  6. 不妊治療基礎知識

    胚発生の過程についてのお話

    今回は実際に胚発生する際の過程を取り上げさせていただきます。<観察…

  1. 妊娠しやすいからだづくり

    妊娠中に気をつけるべきトキソプラズマについてのお話
  2. 妊娠しやすいからだづくり

    潜在性プロラクチン血症についてのお話
  3. 不妊治療基礎知識

    胚クオリティーの評価についてのお話
  4. 不妊治療基礎知識

    体外受精の全体像についてのお話
  5. 不妊治療基礎知識

    胚または配偶子移植についての基礎知識(1)
PAGE TOP