不妊治療基礎知識

卵巣と卵子についての基礎知識(2)~内分泌(ホルモン)のお話

女性の内分泌(ホルモン)環境は

幼児期→思春期→性成熟期→更年期→老年期と変化していきます。

 

女性の内分泌環境を理解するためには

正常月経周期における視床下部−下垂体−卵巣−子宮におけるメカニズムを理解しておく必要性があります。

 

排卵に関与する下垂体ホルモンは FSH, LH であり、 FSH, LH は視床下部からの gonadotropin releasing hormone ( GnRH ) の調整下で下垂体前葉にて産生分泌されます。

 

このFSH, LH の作用で卵巣においてエストロゲン、プロゲステロンなどのホルモンが産生され、子宮内膜などに作用します。

 

これらのホルモンが作用することにより、身体が変化し、妊娠成立に対応した状況を作り出します。逆に言うとホルモン分泌異常は不妊の原因になりうるということです。

 

(註)ホルモンとは:生体内でつくられ、その個体の形態形成、代謝、成長、行動発現その他の生理的過程に特定の影響を及ぼす物質をいう。血流を介して、標的とする器官や組織に到達するものが多い。

 

mimuro

 

 

この図は各ホルモンの血中濃度と排卵と基礎体温と子宮内膜の状況を月経周期の時間軸で見たものです。

 

このようにホルモン分泌が妊娠には大きく関わっていることが分かるかと思います。不妊の原因の中で内分泌不全と呼ばれるものはこれらのホルモン分泌がきちんと機能していない場合を指します。

 

だから不妊治療には排卵誘発剤やピル、GnRHアゴニストのようなホルモン関連薬剤を使うことが多いのです。

 

各ホルモンの働きについては次回のブログで紹介していきたいと思います。

 

みむろウイメンズクリニック

http://mimuro-cl.com/

関連記事

  1. 不妊治療基礎知識

    精巣と精子についての基礎知識(2)~精子形成のお話

    前回は男性の内分泌についてお伝えしましたが、今回は精子の形成について解…

  2. 不妊治療基礎知識

    ARTについての基礎知識(1)〜受精成立についてのお話

    今回から数回にわたってARTについて、解説してまいります。&n…

  3. 不妊治療基礎知識

    精巣と精子についての基礎知識(3)〜精子や精液のお話

    前回は精子の形成についてお伝えしましたが、今回は精子や精液の特徴につい…

  4. 不妊治療基礎知識

    ARTについての基礎知識(6)〜胚培養時の環境についてのお話

    今回も引き続き、胚を培養する際の環境について解説してまいります。…

  5. 不妊治療基礎知識

    甲状腺機能と不妊についてのお話

    甲状腺ホルモンをつくりだす甲状腺とは、喉仏の下、首の下の方にある小さな…

  1. 性感染症(STD)

    不妊症を招く性感染症のお話
  2. 染色体・DNA・RNA

    ゲノムインプリンティング異常症とは?
  3. 不妊治療基礎知識

    妊娠成立についての基礎知識
  4. 不妊治療基礎知識

    胚または配偶子移植についての基礎知識(1)
  5. 不妊治療基礎知識

    着床についての基礎知識(1)
PAGE TOP