妊娠しやすいからだづくり

子宮にできるポリープについてのお話

鶏卵ほどの大きさの子宮は、上部2/3を占める子宮体部と、その下に位置し膣へつながっている子宮頚管に分けることができます。どちらの部位においても、ポリープができることがあります。

 

このうち、子宮内膜にできたポリープを子宮内膜ポリープ、子宮頚管にできたものを子宮頸管ポリープと呼んでいます。殆どが良性ですが、非常に低い確率で悪性の場合もあります。

 

悪性でなくとも、子宮内膜ポリープの場合は受精卵の着床を妨げ、不妊の原因となってしまうこともあるのです。

 
 

●病態
子宮内膜または子宮頚管の粘膜組織が増殖し、きのこのような突起になったものをポリープと呼びます。小さなものでは数ミリですが、大きくなると10センチほどまで成長することもあります。

 
 

●症状
子宮内膜ポリープの場合は自覚症状に乏しく、検診や不妊に際して行われる検査で発見されるケースが多く見受けられます。
子宮頚管ポリープも自覚症状がないことが多いのですが、性行為やスポーツによる出血がみられることもあります。

 
Female scientist looking through a microscope in laboratory
 

●原因
どちらの場合もはっきりとした原因は解明されていませんが、子宮内膜ポリープについてはエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量増加が関係しているといわれています。また、エストロゲン自体の分泌がそれほど多くなかったとしても、それに対する感受性が高ければ同じようにポリープの成長を促進させることになります。

 

子宮頚管ポリープについても原因はわかっていませんが、ホルモン分泌の乱れなどで生じた炎症が影響しているのではないかとされています。

 
 

●治療
経過観察で様子をみることもありますが、薬での除去や自然治癒は期待できません。従って、不妊に影響を及ぼしていると思われる場合や出血を繰り返す場合は、手術によって切除します。

 

手術はメスを先端に取り付けた子宮鏡を膣から挿入し、そのままポリープを切除します。日帰りで行うことができますので、入院の必要はありません。
切除したポリープは病理検査を行い、良性・悪性の確認をします。

 
 

WEBはこちら⇒http://mimuro-cl.com/

 

Facebookはこちら⇒https://www.facebook.com/mimurocl

関連記事

  1. 妊娠しやすいからだづくり

    女性性機能障害(FSD)についてのお話

    体外受精や顕微授精は別として、自然妊娠を望むのであれば性交を行うことは…

  2. 妊娠しやすいからだづくり

    潜在性プロラクチン血症についてのお話

    脳の下垂体から分泌されるホルモンのひとつ、プロラクチンは産後の授乳期に…

  3. 妊娠しやすいからだづくり

    ピックアップ障害についてのお話

    普段の生活の中で自然妊娠しようと思うのであれば、排卵して卵子が精子と出…

  4. 妊娠しやすいからだづくり

    不妊治療を始める前に知っておきたい風疹のお話

    ほんの2、3年前に風疹が流行したことは記憶に新しいところです。メデ…

  5. 妊娠しやすいからだづくり

    おりものについてのお話

    性に関わることは相談しにくく、誰かと比べる機会も少ないものです。最近で…

  6. 妊娠しやすいからだづくり

    喫煙と不妊についてのお話

    妊娠中の喫煙は副流煙であっても、胎児に悪影響を与えるということはよく知…

  1. 不妊治療

    最近のART事情(培養部より)
  2. 不妊治療

    内診についてのお話
  3. 妊娠しやすいからだづくり

    不妊治療を始める前に知っておきたいB型肝炎のお話
  4. 不妊治療基礎知識

    卵巣と卵子についての基礎知識(2)~内分泌(ホルモン)のお話
  5. 不妊治療基礎知識

    セックスレスについてのお話
PAGE TOP