不妊治療基礎知識

再生医療の先駆け〜卵細胞質移植〜

妊娠を希望するカップルにとって気がかりなのは、人生においてどの時点で妊娠出産というイベントを迎えるかということなのではないでしょうか。それはどちらかというと女性側がより気にかかる事項であり、その理由として年齢と妊娠率の関係性が伺えます。

 

これまで何度か取り上げてきましたが、身体の他の細胞と同じように卵子自体も加齢とともに老化が進んでいきます。そして、ある年齢に達した以降は妊娠率が急速に低下していくのです。
目に見えやすく顕著な例は閉経ですが、それ以前でも妊娠に結びつきにくい質の低下した卵子を抱えた状態で、不妊治療を続けている場合も少なくないのです。

 

近年は初婚年齢の上昇や女性のキャリア進出等の事由によって、出産に挑もうとする年齢自体も上がっています。そのため、必然的に若い頃よりも妊娠率が低くなり、不妊に悩むカップルも多くなっているのです。

 
 

なぜ年齢の上昇と共に卵子の質が低下してしまうのか、いくつかの原因が考えられます。そのうちのひとつとして、細胞内に数百と存在するミトコンドリア内にあるDNA、つまりミトコンドリアDNAの変異や染色体の異常が考えられます。
変異してしまったり、異常をきたしたミトコンドリアは正常な機能が失われてしまいます。さらには自己修復機能の不具合により、壊れやすく直りにくい状態へと陥っていきます。

 

ミトコンドリアとは、わたしたちの身体が活動するためのエネルギー産生や呼吸など生命活動の根幹に関わる器官になります。従って、ここが上手く機能しないと細胞レベルから体全体に支障をきたすことになるのです。

 
DNA
 

もちろん、このような現象は短期間にすさまじい成長を遂げる、卵子や受精卵にとっても例外ではありません。

 
 

このような状態から脱却するため、1977年にある試みがなされました。
その方法とは、ICSI実施時に精子と提供された若い卵子の一部を注入する方法です。このとき注入するのは細胞質の一部であり、核は自身のものなので実質的に卵子提供とは勝手が違います。
つまり、卵子提供と異なり遺伝子上はパートナー同士のものであるということが言えるのです。

 
 

しかし、これは後の研究で判明したのですが、この方法には問題となる部分が存在していました。
この方法で出生した場合は、老化卵子由来のミトコンドリアと提供された若い卵子由来のミトコンドリア、そのどちらも後々まで存在していることが判明したのです。

 

通常、異なる遺伝情報をもつミトコンドリアが共に存在しえないため、これらがどのような影響を及ぼすのが未だに解明されていません。そのため、米国ではこの治療法を実施する際に、事前許可の必要性を求めるなど規制がかかるようになりました。

 

先に述べたような問題点がクリアされない限り、卵細胞質移植は臨床応用へ発展しにくい技術です。しかし、実施されたケースでは明らかに妊娠率の向上が認められたため、これからの研究を大いに期待することができます。

 

WEBはこちら⇒http://mimuro-cl.com/

 

Facebookはこちら⇒https://www.facebook.com/mimurocl

 
 

関連記事

  1. 不妊治療基礎知識

    着床についての基礎知識(2)

    今回も前回に引き続き、着床に焦点を当てて解説してまいります。&…

  2. 不妊治療基礎知識

    近年における精子幹細胞の研究

    精子はどこからくるのでしょうか。男性ではご…

  3. 不妊治療基礎知識

    ARTについての基礎知識(12)〜精子の受精能についてのお話

    前回は顕微授精についての歴史をご紹介いたしましたが、実際に顕微授精を行…

  4. 不妊治療基礎知識

    卵巣と卵子についての基礎知識(1)

    卵巣(らんそう)とは、卵子を出す器官です、一般的な機能として、卵子のも…

  5. 不妊治療基礎知識

    妊娠成立についての基礎知識

    前回までは、精巣と精子についてお伝えしましたが、今回は妊娠の成立につい…

  6. 不妊治療基礎知識

    胚クオリティーの評価についてのお話

    近年、不妊治療を受ける方が増えにつれて胚移植するケースも増加の一途を辿…

  1. 不妊治療

    内診についてのお話
  2. 不妊治療基礎知識

    卵巣と卵子についての基礎知識(4)~卵巣から分泌されるホルモン
  3. 論文情報

    正倍数性の胚盤胞を移植してもなぜ妊娠継続に至らないのか、複雑な因子の関わりについ…
  4. 妊娠しやすいからだづくり

    おりものについてのお話
  5. 男性不妊

    精索静脈瘤についてのお話
PAGE TOP