妊娠しやすいからだづくり

喫煙と不妊についてのお話

妊娠中の喫煙は副流煙であっても、胎児に悪影響を与えるということはよく知られた事実です。しかし、たとえ妊娠前であっても、喫煙は体にとって良くないことだらけなのです。

 

そんな喫煙と不妊の関係について、今回はご紹介していこうと思います。

 
 

まずタバコに含まれる成分は、百害あって一利なしということを念頭に置いておいてください。カッコイイから、周りが吸っているからという理由だけで吸い続けるには有り余るほど有害物質の塊なのです。

 

では一体どのような物質が含まれているのでしょうか。
ニコチンやタールといった成分は耳にされたことがあるかもしれません。しかし、含まれているのはそれだけではありません。
シンナーやガソリン、殺虫剤として使われているものも多数あります。そしてもちろん、発がん性物質だって含有されているのです。

 

これらの有害物質は細胞自体に傷をつけ、死滅させる効果を持ち合わせています。特定の細胞だけが照準となるわけではないので、生殖機能を司る精巣や卵巣、そして卵子や精子も例外ではありません。
依存性の高いタバコは、吸い続けた分だけ生殖機能は損傷を受け、質が低下していきます。

 

いま、加齢による卵子の老化が叫ばれていますが、不妊治療を続けながら妊娠しないと嘆き、喫煙を続けること自体が理不尽であることは認識していただけたでしょうか。

 
Quit smoking
 

そして、もうひとつ禁煙して欲しい大きな理由があります。
それは、喫煙によって血管は収縮し、血流が悪くなるということです。
これでは妊娠することができたとしても、母親から胎児への栄養分や酸素が十分に届かず、低体重児や胎児の発育異常につながってしまいます。

 

また、女性側ばかりのリスクが注目されがちですが、もちろん男性側にもデメリットばかりです。
まず、先に述べたように細胞が傷つくことで質の良い元気な精子が減り、場合によっては死滅してしまうので、全体の精子量が減少してしまいます。

 

さらに、血流の悪化により勃起障害を引き起こす可能性があります。
勃起とは、陰茎内の海綿体に多量の血液が流入することで起こる現象ですが、その通り道である血管が狭まってしまえば勃起障害になることは容易に想像できます。

 

妊娠を考えた時から、妊娠中、そして出産後も大切な子どもや愛する人たちに悪影響しか与えないのであれば、これを機に禁煙してみませんか?

 
 

WEBはこちら⇒http://mimuro-cl.com/

 

Facebookはこちら⇒https://www.facebook.com/mimurocl

 
 

関連記事

  1. 妊娠しやすいからだづくり

    基礎体温のお話〜月経周期の正しい認識

    妊娠を意識したとき、みなさんは何か準備を始めたでしょうか?今は…

  2. 妊娠しやすいからだづくり

    PMSについてのお話

    月経が近づくにつれ多くの女性は、普段とは異なる気持ちや体の変化を感じま…

  3. 妊娠しやすいからだづくり

    人に聞きにくい月経のあれこれ

    ひと昔前と比較して現代女性の初経は早くなっており、その年齢は12歳ごろ…

  4. 妊娠しやすいからだづくり

    二人目不妊についてのお話(2)

    以前、二人目不妊の概要やその原因についてご紹介しましたが、今回は授乳と…

  5. 妊娠しやすいからだづくり

    子宮奇形についてのお話

    以前、こちらのブログで不育症を取り上げた際、その原因のひとつとして子宮…

  6. 妊娠しやすいからだづくり

    不妊治療を始める前に知っておきたいB型肝炎のお話

    以前、風疹のリスクについてご紹介しましたが、今回はB型肝炎ウイルスのリ…

  1. 不妊治療基礎知識

    ARTと多胎の関係について
  2. 不妊治療

    不妊治療に係る助成や休暇制度を導入する企業
  3. 不妊治療基礎知識

    ARTについての基礎知識(4)〜受精についてのお話
  4. 不妊治療基礎知識

    近年における精子幹細胞の研究
  5. 不妊治療基礎知識

    胚または配偶子移植についての基礎知識(2)
PAGE TOP