不妊治療基礎知識

近年における精子幹細胞の研究

精子はどこからくるのでしょうか。

 

男性ではご存知の通り、年齢を重ねても生殖機能が失われないことがわかっています。
これは、常に新しい精子を生み出す能力が備わっているためであり、この点において女性の生殖機能とは決定的に違うとされてきました。

 

精子をつくりだす大元の細胞は、精子幹細胞と呼ばれています。
近年話題のES細胞はあらゆる細胞に分化する能力を持ち合わせていますが、精子幹細胞が分化するのは精子に限定されているのです。

 

この精子幹細胞とは数自体が少なく、これまで解析などは難しいとされてきました。ですが近年では、多方面からの努力が身を結びつつあります。

 
 

そのひとつに、1994年に米国ペンシルベニア大学のBrinsterらが行った研究があります。
彼らは、処理済みマウスの精巣に存在する精細管内に、健全な生殖機能をもつマウスの精巣細胞を移植することで、ドナーとなったマウス由来の精子が形成されるに至るという発見をしています。

 
cells

 

もうひとつ、最近になって報告された研究があります。
京大の篠原教授らが行ったものなのですが、マウスの精子幹細胞の長期培養法を確立させることに成功しています。

 

この方法が確立できた要因として、精巣にあるセトルリ細胞から分泌されるGDNF細胞に注目した点があげられます。これまで精子を増殖させる因子としてGDNF細胞がよく知られていましたが、これに依存しない精子幹細胞の存在を発見したのです。

 
 

新たな精子形成の確立は、不妊に悩む男性に対して従来の方法だけではなく、新たなアプローチの可能性を指し示しています。
今後はさらなる研究が進むことで、より多くの男性不妊を救うことができるのではないかとの希望が膨らみますね。

 
 

そして話は卵子の場合に逸れますが、冒頭にお話ししたようにこれまで卵子は生まれて以降、減り続ける一方であり新しく産生されることはないとの見解が常となっていました。
しかしながら近年、この通説に異論を唱える新たな説も出てきています。

 

この説についてはまだ論争の余地があり、検証も十分されていない段階です。ですが、卵子を新たに生み出すことができるのであれば、これは不妊治療にとって革命的といっても過言ではないでしょう。

 

WEBはこちら⇒http://mimuro-cl.com/

 

Facebookはこちら⇒https://www.facebook.com/mimurocl

 
 

関連記事

  1. 不妊治療基礎知識

    男性不妊についての基礎知識(3)

    今回は、ART実施のために採取された精子の精製法について解説してまいり…

  2. 男性不妊

    精子機能検査についてのお話

    男性側の不妊事由を調べる方法として以前、精液検査についてご紹介しました…

  3. 不妊治療基礎知識

    着床についての基礎知識(3)

    今回は、着床の過程についてもう少し詳しく解説してまいります。&…

  4. 不妊治療基礎知識

    着床についての基礎知識(1)

    妊娠が成立するまでには、排卵後に精子と卵子が出会って受精し、その受精卵…

  5. 不妊治療基礎知識

    ARTについての基礎知識(12)〜精子の受精能についてのお話

    前回は顕微授精についての歴史をご紹介いたしましたが、実際に顕微授精を行…

  6. 不妊治療基礎知識

    精巣と精子についての基礎知識(1)~内分泌(ホルモン)のお話

    これまで女性に関わる内分泌についてお伝えしましたが、今回は男性の場合に…

  1. 妊娠しやすいからだづくり

    二人目不妊についてのお話(2)
  2. 不妊治療基礎知識

    培養液についてのお話
  3. 不妊治療

    高齢妊娠のリスクについてのお話
  4. 不妊治療

    最近のART事情(培養部より)
  5. 未分類

    胚または配偶子の凍結保存についての基礎知識(2)
PAGE TOP