不妊治療

不妊治療に係る助成や休暇制度を導入する企業

不妊治療はゴールが見えず、時に長い道のりを歩むことになります。そのため、そこにかかる時間や労力、金銭は事前に予測することは難しく、次第に疲弊して気持ちが沈んでいくことも少なくありません。

その原因は、男女ともに同じくらいの割合だと言われています。とはいえ、実際に治療を開始した場合、頻繁に通院する必要があるのは女性側ですよね。そのため、仕事をしているのであれば、時間の調整がつかずに退職という選択肢を選ばざるを得ないことだってあり得るのです。
優秀な人材であれば、従業員を失うことは企業にとっても大きな損失です。そのような事態を少しでも回避できるよう、企業側でも金銭的、時間的なバックアップをしようという動きが徐々に広まりつつあります。

例えば、トヨタ自動車では2016年の4月から体外受精や顕微受精、そして男性不妊治療に対する助成の実施を既に始めています。国や自治体の補助内容に準じたものであり、こちらには年齢や所得制限がないことがポイントです。

また、同じくトヨタ自動車では2017年より不妊治療にかかわる休暇制度を導入することも公表しています。同じような制度はパナソニックやオムロンといった大手企業でも既に取り入れられ、実際の運用を開始しています。
不妊治療のための通院であれば、丸一日お休みする必要はないことが殆どです。病院へ寄ってから出社する、または残業はせずに定時で上がることができる、そんなほんの少しだけ時間を融通するだけでも治療を続けられるようになるのです。

 

心身共に負担のかかる不妊治療に対して、企業がこのように前向きな姿勢をとってくれることは素晴らしいことです。ですが、制度は作るだけでは意味がありません。それを使いたいと思う従業員や周りの理解、そして上司のサポートがあってこそ初めて運用できるものですので、制度を継続していけるような社内の風潮や体制も整えていくことも大切です。

 

また、このような助成や休暇はできるだけ多くの企業に導入して欲しいと思うものの、やはり中小企業では難しい側面も多く抱えています。一人欠けてしまうだけで業務が停滞してしまうことだってあるでしょう。
そういった方々に対しても、社会全体としてどのようなサポートをしていけるのかということも、今後考えていかなくてはいけない課題ではないでしょうか。

 

<参考>
トヨタ自動車健康保険組合 特定不妊治療に対する給付
http://www.toyotakenpo.jp/provision/inspection/infertility_treatment/

 

WEBはこちら⇒http://mimuro-cl.com/

Facebookはこちら⇒https://www.facebook.com/mimurocl

 

関連記事

  1. 不妊治療

    海外における不妊治療

    米国は世界的にみても不妊治療を受ける患者数が多いのですが、その治療現場…

  2. 不妊治療

    IUIおよびIVFを治療の第一選択とする場合、臨床的証拠を必要とすることを示した論文

    経済的な側面、また臨床的な側面から考え現在まで示されている根拠によると…

  3. 不妊治療

    二人目不妊についてのお話

    一口に不妊症といっても、カップルの数だけその程度や状況は変わってきます…

  4. 不妊治療

    不育症に対する様々な制度

    妊娠が成立するものの、繰り返し自然流産をする場合を特に不育症と呼び、習…

  5. 不妊治療

    内診についてのお話

    内診を苦手とする方は多く、あの独特の雰囲気や内診台も苦手とする要因のひ…

  6. 不妊治療

    早発閉経についてのお話

    みなさんは、閉経と聞くと何歳ごろに経験するものだと考えているのでしょう…

  1. 不妊治療基礎知識

    ARTについての基礎知識(7)〜胚培養時に使用する機器についてのお話
  2. 不妊治療

    IUIおよびIVFを治療の第一選択とする場合、臨床的証拠を必要とすることを示した…
  3. 不妊治療基礎知識

    着床前診断についての基礎知識(1)
  4. 不妊治療基礎知識

    近年における精子幹細胞の研究
  5. 不妊治療基礎知識

    精巣と精子についての基礎知識(3)〜精子や精液のお話
PAGE TOP