不妊治療基礎知識

精巣と精子についての基礎知識(2)~精子形成のお話

前回は男性の内分泌についてお伝えしましたが、今回は精子の形成について解説してまいります。

 

 

精巣は精細管(seminiferous tubule)のループの集合体からなっており、ここで精子がつくられます。

 

精子形成のためには、通常の体温より低い温度が適切だとされており、ヒトの精巣では約32℃が適温です。

 

そのため、精巣は陰嚢内に降下して体表に存在し、熱交換を行うことで適切な温度を保っています。

 

このような温度調整が適切に行われず、精子形成に悪影響を及ぼすと考えられている疾患として、停留精巣や精索静脈瘤があげられます。

 

●停留精巣

通常、精巣は腹部で形成され次第に陰嚢へ降下します。

停留精巣とは、精巣の下降が途中で止まり、陰嚢の中に精巣が入っていない状態のことを指します。

この症状は、新生児の5%弱の割合で発生します。

(未熟児で生まれた子はより発症率が高くなります。)

 

精索静脈瘤

精巣の静脈血液が逆流して瘤状に腫れているものを指します。

陰のう部に痛みや違和感を覚える場合もあり、正常男性の15%、男性不妊症患者の40%にみられるとも言われています。

 

images-25

 

 

精巣の実質内に存在し、精子形成が行われる精細管には、精細胞とSertoli細胞が存在します。

Sertori細胞からはMuller管阻害物質 Mullerian inhibiting substance (MIS)やインヒビンなど多数の物質が分泌され、精子形成に関与しています。

 

このうち、インヒビンはネガティブフィードバックによって、下垂体におけるFSHの分泌を抑制する働きがあります。

 

◆インヒビン

FSHの分泌を調整するタンパク質であり、卵巣や精巣で作られて黄体形成ホルモンに影響を与えることなく、FSHの分泌を抑制します。

 

精祖細胞が精子になるまでには、いくつかの行程を経る必要があります。

具体的な変化は下記の通りであり、その期間は70日前後とされています。

 

 

<精祖細胞が精子になるまで>

 

1.精祖細胞が精巣内で体細胞分裂を繰り返して増殖し、一次精母細胞になります。

 

2.1つの一次精母細胞がDNAの複製にて2倍体となった後、第一減数分裂をして2つの二次精母細胞になります。

 

3.それぞれの二次精母細胞が二次分裂をして精子細胞ができます。

 

4.精子細胞は、核の濃縮、尾部の発達などを経て成熟し精子になります。

 

 

 

みむろウィメンズクリニック

WEBはこちら⇒http://mimuro-cl.com/

Facebookはこちら⇒https://www.facebook.com/mimurocl

 

関連記事

  1. 不妊治療基礎知識

    ARTについての基礎知識(8)〜培養時のリスクマネジメントについてのお話

    これまで、ARTを行う際の注意点を述べさせていただきましたが、今回はそ…

  2. 不妊治療基礎知識

    ARTの適応条件についてのお話

    現在、不妊症に悩むカップルは5組に1組とされ、年々増加しています。…

  3. 不妊治療基礎知識

    ARTと多胎の関係について

    これまで不妊治療をめぐる各種技術やその背景などを、様々な角度からご紹介…

  4. 不妊治療基礎知識

    男性不妊についての基礎知識(3)

    今回は、ART実施のために採取された精子の精製法について解説してまいり…

  5. 不妊治療基礎知識

    ARTについての基礎知識(6)〜胚培養時の環境についてのお話

    今回も引き続き、胚を培養する際の環境について解説してまいります。…

  6. 不妊治療基礎知識

    ARTについての基礎知識(9)〜様々なリスクマネジメントについてのお話のつづき

    前回は主に培養室でのリスクマネジメントについて解説してまいりました。…

  1. 不妊治療基礎知識

    ARTについての基礎知識(6)〜胚培養時の環境についてのお話
  2. 妊娠しやすいからだづくり

    不妊治療を続けやすい環境作りについてのお話
  3. 妊娠しやすいからだづくり

    不妊治療を始める前に知っておきたい風疹のお話
  4. 不妊治療基礎知識

    精巣と精子についての基礎知識(2)~精子形成のお話
  5. 不妊治療

    二人目不妊についてのお話
PAGE TOP