採卵について

ARTでは、体外に卵子を取り出す必要があり、これを採卵と呼んでいます。
丁寧に成熟させた卵子を用いて妊娠へと導くためには、この採卵という過程も重要な鍵を握ります。

せっかく良質な卵子に育ったとしても、採卵次第ではその努力が無駄になってしまうこともあるからです。

かつては、開腹下で行われていた採卵ですが、それでは身体に大きな負担がかかっていました。

そのため、現在では殆どの場合において回収率が高く、危険性の低い膣式採卵法が採用されています。この方法では、通常の診察時に用いる膣式超音波(エコー)で確認しながら、専用の針を使って採卵していきます。

当院も、局所麻酔や静脈麻酔を施した上で、この膣式採卵法を採用しています。

採卵の方法

採卵前には排卵誘発剤を用いて卵胞を成熟させ、大きさが18mm以上になったところで排卵を促します。ですが、場合によっては採卵直前に排卵してしまうこともあるので、そのときは別の方法に切り替えることもあります。

採卵の流れ

  1. 採卵前日まで
    1. 採卵36時間前にhCG製剤を注射して、排卵を促しておく。
    2. 採卵前夜からは絶飲食する。
  2. 採卵当日
    1. 来院後は採血など、必要な検査を行う。
    2. 排尿をし、術衣に着替えておく。
    3. 膣を洗浄したのち、麻酔をかける。
    4. 経膣超音波プローブを膣内に挿入して卵胞を穿刺し、顕微鏡下で卵胞から数mlの卵胞液を回収して培養液中へ移す。このとき、膣壁からの出血や感染を防ぐため穿刺は最低限に留めておく。
    5. 採卵後は膣腔内や卵巣内の出血を観察し、必要であれば止血する。
    6. 採卵後しばらくはベッドで安静にし、出血がなくバイタルが安定していることを確認後に帰宅する。

採卵自体は10分程度で終わります。麻酔を用いるので大半の方が痛みをほとんど感じず、場合によっては眠っている間に終えることができますが、痛みの感じやすさには個人差があります。心配な場合は、予め医師と相談しておきましょう。

何事においてもそうですが、採卵時にも次のようなリスクが伴います。

採卵に伴うリスク

  1. 経膣から卵胞まで穿刺するため、その間にある臓器や血管を傷つけ、出血する恐れがある。
  2. 麻酔薬の種類によっては、アレルギー症状が起こることがあります。アレルギーの有無については必ず、事前に申告しておきましょう。
  3. 膣に存在している細菌が、採卵によって体内へ入り込み感染することがあります。抗生物質なども投与しますが、採卵後も発熱や痛みが続く場合は病院へ連絡しましょう。

帰宅後は、通常の生活に戻っていただいて構いませんが、採卵当日は体調が不安定になることもあるので出来るだけパートナーと一緒に帰宅し、お仕事されている方はお休みされることをお勧めします。
また、食事についても、できるだけ胃腸に負担をかけないものを選ぶといいでしょう。

そのほか、採卵当日は性交渉や入浴も避けていただくことになるので注意が必要です。


PAGE
TOP