クリニック恐怖症の方へ

不妊治療がまったく初めてで、受診するのが心配な(怖い)方へ

結婚して普通に性生活を行っているにも関わらず、2年以上経過した場合、不妊症の可能性が高いということで、定義づけられていますが、最近では1年でも不妊症と診断される先生方も増えてきました。

その理由は

① 30代での結婚が増えているので妊娠可能な時間そのものが貴重である

② 子供が出来にくいかな?と感じてからクリニックへの受診が1年以上かかる人が大半だからです

よって当院に来られる患者さんやその関係する方々には出来るだけ早めの検査をお勧めしております。治療するのかどうかはご本人の希望によって決めればいいことですが、今のカラダの状態を知る事が先決だからです。

不妊治療(不妊症相談・一般不妊治療・高度生殖医療・体外受精)みむろウィメンズクリニッククリニックに行ったら、「検査されて、すぐに体外受精などの難しい治療をされたらどうしよう!」とか、「凄くお金がかかるのでは?」とか「何か痛い事されるのでは?」と不安に思っている方が多いですが、そんな事はありませんのでどうぞご安心ください。

当院では「患者さんとの対話によって」検査や治療を行っていきます。患者さんの状況に合わせた選択肢をご提案させて頂きますので、医療機関にありがちな一方的な治療スタイルではないことをご理解頂ければと思います。

女性の妊娠率は年齢、特に年齢と卵子の質に影響する部分が大きいと言われています。
よって、我々は上記の理由にもあります通り、「子供を作りたいな」「子供が出来にくいかな?」と思った時に悩むのではなく、迷わずすぐに検査に来て頂く事を推奨しています。なぜならその方が一秒でも早く状況を知り、打つ手が豊富だからです。

それからもう一つ。

検査に行こうと思ったらぜひ旦那さんも一緒に来て頂ければと思います。最近は男性不妊の方の症例も多くなっており、こちらも早期発見、早期治療が妊娠率を高めます。

赤ちゃんが欲しいと思ったら「迷わず検査だけは出来るだけ早く受ける」。
この事だけはぜひ実行して頂ければと思います。


PAGE
TOP