体外受精の排卵誘発法

このサイトでは排卵誘発法について解説を行ってまいります。体外受精を行うにあたり、排卵誘発法はとても重要な部分です。排卵誘発の目的は「卵子を育て、妊娠可能な良好な卵子を作り出すサポート」をすることです。

排卵誘発法の違いで取れる卵子の数が変わるし、カラダへの負担も大きく違いますので患者さん1人1人のカラダの状態に合わせたオーダーメイドな治療を意識した投与法が必要とされます。

よって、世界各国の不妊治療を専門とされているドクターや研究者が日々、排卵誘発法について研究をされています。

そして使われる代表的な薬剤は下記のとおりです。

排卵誘発法に使われる代表的な薬剤

  1. 卵子(卵胞)を育てるホルモン製剤

    経口投与の排卵誘発材
    製品名:セキソビットクロミッド

  2. 卵子(卵胞)を育てるホルモン製剤

    注射の排卵誘発剤(FSH製剤・HMG製剤)
    製品名:ゴナールF(FSH)フォリスチム(FSH)・HMGフジ・HMGフェリング

  3. 卵子の排卵を促す薬剤

    HCG製剤
    製品名:HCGモチダ

  4. 排卵誘発剤が効きやすいようにホルモンの調整を行う薬剤

    GnRHアナログ(アゴニスト)製剤
    製品名:スプレキュア・イトレリン

  5. 卵子が早く排卵するのを防止する薬剤

    GnRHアンタゴニスト製剤
    製品名:セトロタイド・ガニレスト

このような薬剤を患者さんのカラダに合わせて使う訳です。
その際、投与方法に様々な名前がついています。

自然周期法、ロング法、ショート法など、初めての方にとっては「それはいったい何?」ということになりますので少し解説をしていきたいと思います。

当院の排卵誘発法

排卵誘発法には「単一卵子排卵誘発法」と「複数卵子排卵誘発法」の2つがあります。
当院では両方を実施しておりますが、基本的には「複数卵子排卵誘発法」をメインで行っております。

その理由は凍結卵子保存技術により、1回の排卵誘発で何回も胚移植にトライできるチャンスが広がるからです。

複数卵子排卵誘発法

  1. 卵子を多く採る方法でよく使われる排卵誘発法のショート法、ロング法、GnRHアンタゴニスト法の解説を行います。

    1. ショート法

      GnRHアゴニスト製剤の投与開始と同時にHMG(FSH)を使用する方法です。
      GnRHアゴニストの初期のFSH(卵胞刺激ホルモン)濃度を高める作用を利用した方法で、発育してくる卵胞数が少ない方、卵巣機能が弱って来た高齢の方に効果的です。

    2. ロング法

      HMGやクロミッドだけを投与すると排卵の途中で20~30%の割合で LHの分泌が認められます。それが卵子の発育に影響を与えることが分かっております。
      ロング法では、GnRHアゴニストを長期間使用することにより、このLHを抑えこみ、卵子が障害を受けずに発育できるように作用します。30~35歳の方に適用することが多いです。

    3. GnRHアンタゴニスト法

      月経3日目からFSH製剤やHMG製剤を注射し、卵胞がある程度発育してきたらGnRHアンタゴニストを注射する方法です。卵巣での早発排卵(卵子が妊娠に適した排卵の時期よりも前に排卵してしまう事)を予防する目的で行われます。

単一卵子排卵誘発法

  1. 経口排卵誘発剤であるクロミッドを活用した単一卵子を作り出す排卵誘発法です。

    周期を調整するのにピルを活用する事もあります。この排卵誘発法の特徴は毎月1個の卵子を作り出し、それを体外受精するというところです。

    人間は通常、月に1個の卵子しか作らないので、その摂理に基づいて1個を排卵誘発させるところから自然周期排卵法とも呼ばれています。

    毎回、一個の卵子しか排卵しませんので、採卵は毎回行う必要性があります。

    非常にコンパクトに説明を行いましたが、大まかな流れをつかんでいただければと思います。個別にはカラダの状況に合わせて薬の用量を調節したり、お休みしたりして、妊娠に近づけるように工夫をしてまいります。


PAGE
TOP