受精卵凍結保存

体外受精では多くの卵が採取できても、多胎妊娠を予防するために、子宮に戻す受精卵(胚)は最高2個に制限します。(35歳以下は原則1個)
よって、たくさんの胚ができた場合、残りは余剰胚として残ることに なります。このような余剰胚は凍結保存しておいて、その後の治療で融解させて使用することができます。
再び卵巣刺激や採卵を行う必要がないので、身体的にも経済的にも負担が軽くなるメリットがあります。


PAGE
TOP