• 042-710-3609 English
  • 〒194-0021 東京都町田市中町1-2-5
    SHELL MIYAKO V 2階
  • English

体外受精

体外受精について

体外受精とは

体外受精(In Vitro Fertilization,略してIVFと言われる事が多い)は、精子と卵子を採り出し、体外で受精させて得られた受精卵(胚)を子宮に戻す方法。受精し分裂した卵(胚)を子宮内に移植することを含めて体外受精・胚移植(IVF-ET)といいます。
当初は試験管で受精させたということで試験管ベビーと言われた時期もありました。
この技術は1978年にイギリスで最初に成功し、女の子(ルイーズブラウン)が生まれた。日本では1983年に東北大学の鈴木雅州先生らが成功して以来、約20万人が生まれたと言われています。

どういう時に選択(適用)されるのか?

高齢の不妊症の方・両側卵管閉塞例・男性不妊症・各種治療にて妊娠に至らない原因不明不妊などの方に行われています。
具体的な適応は、両側卵管閉塞例はもちろん、精子が1,000万以下・人工授精5回以上不成功の方・各種不妊治療で1年以上妊娠しない方などです。
通常は精子を自然受精させますが、乏精子症など精子側の受精障害がある場合には顕微授精(多くの場合卵細胞質内精子注入法:ICSI)を行います。
卵子を包む透明帯に問題が有り孵化しにくいときは、アシステッドハッチングと呼ばれる技術で着床の手助けをする事もあります。人間本来の自然な妊娠率は周期あたり平均15%前後ですが、IVF-ETの場合25%程となります。

体外受精のメリット・デメリット

体外受精というと大変な手術のような感じがしますが、今は技術も進歩し、痛みはほとんどなく、今や多くの方がこの方法で赤ちゃんを授かるようになってきました。
体外受精のメリットは卵子と精子が出会い、胚が育つところまでをショートカットするので、その部分に問題がある人にとっては妊娠に近づくチャンスとなるところです。
具体的に言うと卵管に問題がある場合や精子の数が少なくてなかなか卵子までたどり着けない場合は有効です。
逆にデメリットとしては、受精の部分に問題がなく、他の要因、例えば子宮内膜環境の問題に対しては解決法とならない部分です。
また、経済的にも自由診療ですので費用負担が大きいところはデメリットになるかと思います。
よって、当院では身体の状態を見て、上記のメリット・デメリットよくお話をした上で体外受精に進むかどうかを話し合います。

体外受精の流れ

体外受精の流れは大まかに下記のようになります。

1.排卵誘発
身体の状態や月経周期排卵の有無などを考慮し、その人に合った排卵誘発を行います。
2.採卵
膣から超音波で卵胞を見ながら、細長い採卵針で卵胞を穿刺し、卵子を含んだ卵胞液を吸引します。
3.採精
旦那さまの精液を採取してもらいます。
採卵の当日にご自宅もしくはクリニックのメンズルーム(採精室)にて採取していただきます。
なお、ご主人様が出張などでなかなかご都合がつかない場合は事前に精子を凍結して採卵当日に融解して使用することもできます。
4.受精・培養
培養容器内で卵子と精子をあわせ、受精させます。
受精した卵子(胚)を培養し、移植に適した状態に成長させます。
5.胚移植
原則として、採卵後2~3日目に正常発育胚を子宮腔内へ移植します。
移植胚数を多くすれば妊娠率は増加しますが、それと同時に多胎妊娠の発生率も上昇します。
母児に多くの問題を引き起こす多胎妊娠をできる限りさけるため日本産科婦人科学会の会告に基づき、移植胚数は原則として1個としています。移植操作では痛みはありません。
6.妊娠判定
血液検査にて判定する場合と、尿にて判定する場合があります。
より正確にわかる血液検査が最近では多く行われています。
7.凍結
採卵時に余剰胚がある場合は「凍結」して、今後の治療で活かすことができます。

体外受精の排卵誘発法

このサイトでは排卵誘発法について解説を行ってまいります。体外受精を行うにあたり、排卵誘発法はとても重要な部分です。排卵誘発の目的は「卵子を育て、妊娠可能な良好な卵子を作り出すサポート」をすることです。
排卵誘発法の違いで取れる卵子の数が変わるし、カラダへの負担も大きく違いますので患者さん1人1人のカラダの状態に合わせたオーダーメイドな治療を意識した投与法が必要とされます。
よって、世界各国の不妊治療を専門とされているドクターや研究者が日々、排卵誘発法について研究をされています。
そして使われる代表的な薬剤は下記のとおりです。

排卵誘発法に使われる代表的な薬剤

  1. 卵子(卵胞)を育てるホルモン製剤
    経口投与の排卵誘発材
    製品名:セキソビット・クロミッド
  2. 卵子(卵胞)を育てるホルモン製剤
    注射の排卵誘発剤(FSH製剤・HMG製剤)
    製品名:ゴナールF(FSH)・フォリスチム(FSH)・HMGフジ・HMGフェリング
  3. 卵子の排卵を促す薬剤
    HCG製剤
    製品名:HCGモチダ
  4. 排卵誘発剤が効きやすいようにホルモンの調整を行う薬剤
    GnRHアナログ(アゴニスト)製剤
    製品名:スプレキュア・イトレリン
  5. 卵子が早く排卵するのを防止する薬剤
    GnRHアンタゴニスト製剤
    製品名:セトロタイド・ガニレスト

このような薬剤を患者さんのカラダに合わせて使う訳です。
その際、投与方法に様々な名前がついています。
自然周期法、ロング法、ショート法など、初めての方にとっては「それはいったい何?」ということになりますので少し解説をしていきたいと思います。

当院の排卵誘発法

排卵誘発法には「単一卵子排卵誘発法」と「複数卵子排卵誘発法」の2つがあります。
当院では両方を実施しておりますが、基本的には「複数卵子排卵誘発法」をメインで行っております。
その理由は凍結卵子保存技術により、1回の排卵誘発で何回も胚移植にトライできるチャンスが広がるからです。

複数卵子排卵誘発法

卵子を多く採る方法でよく使われる排卵誘発法のショート法、ロング法、GnRHアンタゴニスト法の解説を行います。

  1. ショート法
    GnRHアゴニスト製剤の投与開始と同時にHMG(FSH)を使用する方法です。
    GnRHアゴニストの初期のFSH(卵胞刺激ホルモン)濃度を高める作用を利用した方法で、発育してくる卵胞数が少ない方、卵巣機能が弱って来た高齢の方に効果的です。
  2. ロング法
    HMGやクロミッドだけを投与すると排卵の途中で20~30%の割合で LHの分泌が認められます。それが卵子の発育に影響を与えることが分かっております。
    ロング法では、GnRHアゴニストを長期間使用することにより、このLHを抑えこみ、卵子が障害を受けずに発育できるように作用します。30~35歳の方に適用することが多いです。
  3. GnRHアンタゴニスト法
    月経3日目からFSH製剤やHMG製剤を注射し、卵胞がある程度発育してきたらGnRHアンタゴニストを注射する方法です。卵巣での早発排卵(卵子が妊娠に適した排卵の時期よりも前に排卵してしまう事)を予防する目的で行われます。

単一卵子排卵誘発法

経口排卵誘発剤であるクロミッドを活用した単一卵子を作り出す排卵誘発法です。
周期を調整するのにピルを活用する事もあります。この排卵誘発法の特徴は毎月1個の卵子を作り出し、それを体外受精するというところです。
人間は通常、月に1個の卵子しか作らないので、その摂理に基づいて1個を排卵誘発させるところから自然周期排卵法とも呼ばれています。
毎回、一個の卵子しか排卵しませんので、採卵は毎回行う必要性があります。
非常にコンパクトに説明を行いましたが、大まかな流れをつかんでいただければと思います。個別にはカラダの状況に合わせて薬の用量を調節したり、お休みしたりして、妊娠に近づけるように工夫をしてまいります。

採卵について

ARTでは、体外に卵子を取り出す必要があり、これを採卵と呼んでいます。
丁寧に成熟させた卵子を用いて妊娠へと導くためには、この採卵という過程も重要な鍵を握ります。
せっかく良質な卵子に育ったとしても、採卵次第ではその努力が無駄になってしまうこともあるからです。
かつては、開腹下で行われていた採卵ですが、それでは身体に大きな負担がかかっていました。
そのため、現在では殆どの場合において回収率が高く、危険性の低い膣式採卵法が採用されています。この方法では、通常の診察時に用いる膣式超音波(エコー)で確認しながら、専用の針を使って採卵していきます。
当院も、局所麻酔や静脈麻酔を施した上で、この膣式採卵法を採用しています。

採卵の方法

採卵前には排卵誘発剤を用いて卵胞を成熟させ、大きさが18mm以上になったところで排卵を促します。ですが、場合によっては採卵直前に排卵してしまうこともあるので、そのときは別の方法に切り替えることもあります。

採卵の流れ

*採卵前日まで

  1. 採卵36時間前にhCG製剤を注射して、排卵を促しておく。
  2. 採卵前夜からは絶飲食する。

*採卵当日

  1. 来院後は採血など、必要な検査を行う。
  2. 排尿をし、術衣に着替えておく。
  3. 膣を洗浄したのち、麻酔をかける。
  4. 経膣超音波プローブを膣内に挿入して卵胞を穿刺し、顕微鏡下で卵胞から数mlの卵胞液を回収して培養液中へ移す。このとき、膣壁からの出血や感染を防ぐため穿刺は最低限に留めておく。
  5. 採卵後は膣腔内や卵巣内の出血を観察し、必要であれば止血する。
  6. 採卵後しばらくはベッドで安静にし、出血がなくバイタルが安定していることを確認後に帰宅する。

採卵自体は10分程度で終わります。麻酔を用いるので大半の方が痛みをほとんど感じず、場合によっては眠っている間に終えることができますが、痛みの感じやすさには個人差があります。心配な場合は、予め医師と相談しておきましょう。
何事においてもそうですが、採卵時にも次のようなリスクが伴います。

採卵に伴うリスク

  • 経膣から卵胞まで穿刺するため、その間にある臓器や血管を傷つけ、出血する恐れがある。
  • 麻酔薬の種類によっては、アレルギー症状が起こることがあります。アレルギーの有無については必ず、事前に申告しておきましょう。
  • 膣に存在している細菌が、採卵によって体内へ入り込み感染することがあります。抗生物質なども投与しますが、採卵後も発熱や痛みが続く場合は病院へ連絡しましょう。

帰宅後は、通常の生活に戻っていただいて構いませんが、採卵当日は体調が不安定になることもあるので出来るだけパートナーと一緒に帰宅し、お仕事されている方はお休みされることをお勧めします。
また、食事についても、できるだけ胃腸に負担をかけないものを選ぶといいでしょう。
そのほか、採卵当日は性交渉や入浴も避けていただくことになるので注意が必要です。

胚の培養と胚移植

採卵された卵子は、培養室(ラボ:採卵室のとなり)で、胚培養士のもとで受精・培養されます。
採卵された卵子は、特殊な培養液・特別な環境下(子宮の環境に近づけた環境)に数時間培養されます。
調整した精子と卵子を同じシャーレに入れて受精(媒精)をさせます。もしくは精子数が少なかったり、運動率が低い場合などには、この媒精のかわりに精子1個を卵子の細胞質の中に入れる顕微授精を行います。
受精に成功した卵子を培養し、卵割を進めていきます。
胚移植(分割した胚を子宮に戻します)

採卵翌日にお電話にて受精の状態を確認してください。
胚移植は胚や子宮、ホルモンの状態などによって移植時期を医師と相談して決めます。
採卵2~3日後の4~8細胞期に移植、あるいは採卵5~6日目の胚盤胞で行います。
(多胎予防のため、原則1個のみの胚を移植します)
胚移植は、10分程度です。痛みもほとんどありません。
移植後は、30分程度の安静の後、帰宅していただきます。

みむろウィメンズクリニック
042-710-3609
診療内容
婦人科、泌尿器科
院長
三室 卓久
住所
〒194-0021 東京都町田市中町1-2-5
SHELL MIYAKO V 2階
最寄駅
  • 小田急小田原線「町田駅」徒歩3分
    JR横浜線「町田駅」徒歩7分
診療時間 日祝
9:00~12:00
14:00~17:00
  • :印は再診の患者さんのための通常診察以外のご相談や検査の時間とさせて頂いております。
  • ※当院は完全予約制となっております。
    初めての方は上記の『WEB予約』から予約をお願いします。
    ご不明な点がございましたら受付(電話:042-710-3609)までご相談下さい。
  • ※受付時間は診察終了時間の30分前までとなっております。
担当医表はこちら
042-710-3609 WEB
予約
お問い
合わせ
このページの上へ